今日のまるみちゃん 〜Today’s Marumi Chan〜 vol.9「今日も今日とて」

今日のまるみちゃん 〜Today's Marumi Chan〜

本日も「TMC(今日のまるみちゃん 〜Today’s Marumi Chan〜)」のお時間がやって参りました〜。パチパチパチ

今朝のまるみは寝室のカーペットに毛玉リバース!朝からいきなり爆弾を投下されました。
当の本人(猫)はスッキリした〜という満足そうな顔をしています。まぁおかげで早起きすることができましたが、こちらはスッキリとは言い難い朝の目覚めです。笑

今日のまるみ

まるみの平和な日常にフォーカスを当てた「今日のまるみ」のコーナー。

今日のまるみさんのベストショットはこちら。

タイトル:「今日も今日とて」

そこに箱があればどうしても入りたくなってしまうのがネコの定め。
まるみのキャットフードが宅配便で届いたので、キャットフードが入っていたダンボールの空箱に今日も今日とて、とりあえず中に入るまるみさん。

今回の箱はいつもよりも小さ過ぎず大き過ぎず、ちょうど良いサイズ感で体にフィット。どうやら気に入ったようです。
料理の支度中になるといつもは近くに寄って来て、私たちがご飯を作っている様子を見学に来るのですが、今日は箱の中から上目使いでこちらも見ています。

いつもこれぐらい大人しくしてくれると良いんだけどな〜。

今日の格言にゃ

「今日の格言にゃ」は世界中に散らばる猫ちゃんたちに関する格言を拝借。猫ちゃんたちと仲良く生活していくためのヒントのみならず、これから人生のヒントとなる言葉が見つかるかもしれない深そうで浅そうな、タメになりそうでならなさそうな、そんなコーナー。

本日の格言はこちら!

「我々は心の奥深くに同じ欲望がある。ネコはそれに沿って生活している。」
〜ジム・デイヴィス〜

 

ジム・デイヴィスは、アメリカで1978年より連載がスタートした新聞漫画『Garfield(ガーフィールド)』の著者。ガーフィールドという名前のネコちゃんが主人公で、飼い主のジョンや親友のオーディー、ナーマルなどと共に繰り広げられるドタバタ劇が繰り広げられるアメリカで今もなお愛され続ける漫画です。
連載は現在でも続いており、アニメ化・映画化もされています。ガーフィールドは全米の新聞連載だけで2億2000万人の読者をもち、単行本の発行部数は全世界で1億3000万部を超える世界的に人気キャラクター。アメリカ版ドラえもんといった感じでしょうか?

このぽっちゃりヤラシ目フェイスのキャラクターを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。
公式プロフィールによると、好きなものはラザニアと昼寝、嫌いなものはクモと月曜日。イタリアンレストランで生まれた怠惰で太った猫で、食べることに目がないそう。
怠惰で太って食べることに目がないなんて、ウチのまるみちゃんそっくり。笑

著者のジム・デイヴィスにとって、そんな欲望のままに生きるガーフィールドは猫ちゃんの象徴だけでなく、私たち人間にも当てはまる部分があるのかも。
欲望と聞くと少し否定的になってしまいがちですが、ガーフィールドやネコちゃんたちのようにときには人間も思いや感情の赴くままに、自分の欲望に従って生きてみたらどう?というジム・デイヴィスからの人生のアドバイスかもしれませんね。

目指せGARFIELD LIFE!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました