今日のまるみちゃん 〜Today’s Marumi Chan〜 vol.3「シャバに出たいにゃ」

今日のまるみちゃん 〜Today's Marumi Chan〜

さて、本日も「TMC(今日のまるみちゃん 〜Today’s Marumi Chan〜)」のお時間がやって参りました。

この前の猛暑は何処へやら。
こちらオランダの気温は20度ちょっとと、とても過ごしやすい日が続いているので、まるみも快適そうに暮らしています。

今日のまるみ

そしてこちらが本日のまるみベストショット!

タイトル:「シャバに出たいにゃ」

刑務所から外の自由な世界で暮らすことを夢見ているまるみ。犯した罪は盗み食いという設定です。
ちなみにシャバは漢字で『娑婆』と書くそうで、 娑婆とは仏教において釈迦が衆生を教化するこの世界、すなわちこの世のこと。仏教における三千世界の総称であり、娑婆世界、娑界とも言うそうです。

まるみのおかげで勉強になりました〜。

今日の格言にゃ

こちらは昨日から始まった新企画「今日の格言にゃ」のコーナー。
世界中に散らばる猫ちゃんたちに関する格言を拝借。猫ちゃんたちと仲良く生活していくためのヒントのみならず、これから人生のヒントとなる言葉が見つかるかもしれない深そうで浅そうなそんなコーナー。

そして本日の格言はこちら。

 

「犬を飼うことは出来る。だがネコの場合はネコが人を飼う。なぜならネコは人を役に立つペットだと思っているからだ。」
〜ジョルジュ・ミケシュ〜
ジョルジュ・ミケシュは『これが英国人のユーモアだ(ENGLISH HUMOUR FOR BEGGINERS )』や『円出づる国ニッポン(THE LAND OF THE RISING ¥EN)』などを書いたハンガリー出身の作家で、自身も猫好きとして有名です。
彼のこの格言を聞いてネコちゃんと生活している方は「うんうん」と思わず頷いてしまった人も多いのではないでしょうか。
犬は飼い主に従順で、彼らは主人の言う事を聞いてきちんと行動するお利口な動物ですが、猫ちゃんたちはどうでしょうか?そう、その真逆。
彼らにとっては「猫を飼っているのではない、飼わさせていただいているんだ。」という気持ちさえもおこがましいく、私たちは「猫に飼われている」のです。
もしネコ目線で私たち人間のことを見てみるとしたら、
何もしなくても時間になればゴハンを持って来てくれ…
トイレも勝手に掃除してくれ…
ゴロンの横になればブラッシングをしてくれ…
歯も磨いてくれ…
気が向いた時の遊び相手にもなる…
まさに人間は役に立つペット!笑
モフモフ顔がやかましいわ。という気持ちにも多少なりますが、そんな上から目線のネコもかわいいな〜と思ってしまうのでした。
ただ、私たちのことはペットじゃなくて最低でも家族と認識しててねまるみちゃん。笑

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました