夜明け前、朝4時に寝室に現れる灰色の怪物(モンスター)

ムチムチ日記-成猫編

一年ほど前から、我が家には朝4時ごろになると灰色のずんぐりむっくりな怪物が現れます。

基本的にそれほどイタズラをするわけではないのですが、ベットの横にきて「ンニャ」「グルグル〜」などの声を出したり、「ブチュブチュ」「ブヒブヒ」といった奇妙な音を立てるので毎朝起こされてしまいます。

そう、その正体は何を隠そう「まるみ」なのですが、早朝に猫ちゃんに起こされ悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

「薄暮行動性」とは?

飼い主を朝起こす理由はいくつかあるようで、

・ハラペコ
・遊びたい
・トイレが汚いから掃除して
・寂しいから甘えたい
・飼い主の生存確認
・何となく

など様々。
起こす原因を少しでも減らすために、寝る前に

・遊ぶ
・おしっこやうんちがトイレに入っていれば掃除
・お夜食をあげる

を心掛けてはいますが、まるみは律儀にも毎朝4時にやって来る、それはそれは義理堅い男なのです。
元々猫ちゃんには「薄暮行動性」という早朝や夕方などの薄暗い時間帯に活発になるという習性があるので本能的に活発になってしまうのだそう。
ただ、猫ちゃんによっても個体差があるようで、それぞれの性格に合った対策が必要かもしれません。起こされないようにするには「無視」が効果的のようですが、まるみは飼い主に似て諦めが悪いのか、無視すればするほど「ブヒブヒ」が止まりません。

毎朝4時に起こされるのは中々きついですが、子ネコのときなんかは2時に「ンニャ」と鳴き、4時に「カリカリ」とどこかを引っ掻き、6時に「バタバタ」走り回って2時間おきぐらいに叩き起こされたことを考えると随分マシになりました…
寝ている時はベットの上にド〜ンと乗ってきたりはしませんが、たまに生存確認のためなのかクンクンと顔の匂いを嗅いでまるみチェックが入ります。

ただ、やはり年を重ねていくと次第に大人しくなる子も多いようで、まるみも去勢手術が終わってからは徐々に起こしに来る回数も減ってきたように思います。

最近のまるみは4時ごろに一度ご飯をあげると、その後寝室の窓辺で9時ごろまで大人しく寛いでいます。夜中はリビングにいるので基本別々に寝ているのですが、たま〜に一度も起こしに来ない日があるので、そんな時は何かあったんじゃないかと逆に心配になります。笑

長く一緒に暮らしている猫ちゃんは、その人の生活習慣に合わせるようになるようで、2歳ほどになると精神的にも成熟し早朝に起こしに来るような行動も少なくなるそうです。
まるみが紳士的な男になるまで忍耐強く見守りたいと思います!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました