人間 VS 猫 エゴに立ち向かい自由を求めた子ネコの戦い…

シェアしてくれると嬉しいにゃ!

もし自分たちのネコを飼うことができたら…

それまでずっと夢見ていたことが一つありました。

それはお土産で貰ったフランスのパリにある教会の小さなメダルを首輪に付けることでした。ゴールドのベースにターコイズブルーのコントラストがとっても可愛いメダルです。
サイズは2種類あり、小さいターコイズのメダルは子ネコ用に。
ワンサイズ大きいメダルは色違いのブルー。こちらはパリへ行ったときに同じ教会で買ったもので、大人になったら付けようと考えていました。

どちらのカラーもブルーグレーの毛色したまるみには間違いなく似合うはずと思っていました。つい先日までは…



エゴ対自由、戦いの行く末は!

しかし、人間(私たち)と子ネコ(まるみ)の戦いは避けられないものとなります。

まるみはすでにマジックテープタイプの軽めの首輪をしていたので、ある程度首輪には慣れていました。

ターコイズブルーのメダルを付けるには今よりも少し重めの首輪に付け替えなければなりません。

まずは人間たちの先制攻撃!

マジックテープの首輪を外し、好物のミルクをペロペロしている間にメダルのついた首輪に取り替えます。

意外にもすんなり交換完了。やっぱり!思った通りとってもお似合い!

小さな夢が叶ったぞ! とあっけなく終戦と思いきや、ここからまるみの反撃が始まります。

メダルが若干長めだなーと心配していたのですが、動く度にユラユラ揺れるのが気になるようで、揺れる度に猫パンチ!首輪もお手てでカリカリカリ〜っと外そうとします。

寝転がると床にメダルが当たりカシャカシャ、ご飯を食べると器にメダルが当たりカンカンと音がなるので、まるみにとってストレスになりそうでした。首輪に付いている鈴もネコちゃんたちにとってはストレスになるといいますし。なんだか申し訳ない気持ちになってきました。

まるみ自身は時間が経つに連れそれほど気にしていない様子ではありましたが、心の中では「うるさいニャー、これを外すニャー」と思っているかもしれません。

自分の飼っているネコちゃんを可愛く、カッコ良くしたいというのは正直な話完全なる飼い主のエゴ…

抑圧は不満を生み出し、不満は積もりに積もって解放を求める革命運動へと発展します。まさにネコのフランス革命状態。

自由気ままなネコにとってストレスになることは極力避けたいはず。もしストレスを与えれば今後不良少年となりかねません。

そんなこんなで戦々恐々な気持ちが次第に高まっていき、今回は念願だったメダル付きの首輪は断念することに。

エゴを押し付ける人間と自由を求めた子ネコとの戦いは、呆気なく子ネコに軍配が。

こうしてまるみの一人フランス革命は幕を閉じたのでした…

まるみ、嫌がることしてごめん!もう少し大きくなったらまた試してみるねー。

と懲りない人間の尽きる事のないエゴ。人間(私)とは愚かな生き物です…

また避けられるはずの戦いが始まってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大