まるみとはじめての動物病院! – オランダの動物病院マメのマメ知識編

ムチムチ日記-子猫編

まるみも生まれてからそろそろ3ヶ月目に突入。

やんちゃ盛りでもあり、予防接種やマイクロチップの登録、ノミ駆除のお薬などなど健康にもますます気を付けていかなければいけないお年頃!

そんな訳で今日はまるみとはじめての動物病院。

ちゃんとキャリーケースに嫌がらないでちゃんと入ってくれるのか?病院で他のネコちゃんやワンちゃんなどに怯えたりしないか、にゃーにゃー鳴いたりしないか、診察台から脱走しないかと心配事は盛りだくさんとあります。どうなることやら。

オランダの動物病院事情

オランダの動物病院へはまるみと出会う少し前のご近所ネコぷーちゃんが家に遊びに来ていた時代に、ぷーちゃんの顔パンパン事件があった際に一度だけ訪れたことがありました。

のどかな牧場で生まれたブリティッシュショートヘアの子ネコ「まるみ」との出会い - おぼしめし編
今回は「ブリティッシュ・ショートヘアまるみの気まぐれムチムチ日記」記念すべき1回目ということで、まるみとの出会いをゆる〜くお伝えしていきたいと思いますので、ゆる〜い気持ちでご覧ください。笑

 

まるみも私たちのお家に来る前の牧場時代に予防接種を1回、ノミ駆除を3回ほど済ませていたので、最低でも一度は動物病院に行ったことがあるはずです。
また、まるみが今まで病院でどんな薬をもらったのか、注射をしたのか記録されているお薬手帳?を前のぬし様から貰っていたのでそれを持参して動物病院へと向かうことにしました。
とその前に、もう一度どの病院がいいか改めて考えて見ることに。

日本と同じように、オランダにもたくさんの動物病院があります。

以前行ったところはオランダ全土にある大手系の病院。
大手のチェーンは、予防接種などでも予約が必要ですが、ワンちゃんネコちゃんをあまり待たせたくない場合とても便利です。また、手術用の器具などの医療機器も充実しています。そのため、難しいオペなども可能で病気などで困ったときはとても頼りになる存在でもあります。
しかし、長所があればもちろん短所もあり、値段が基本的に高い!
そして、獣医さんもたくさんいるので、毎回同じ人に見てもらえるかどうかは分かりません。なのでネコちゃんの健康状態のちょっとした変化などには少し気付きにくいかもしれません。

一方、比較的小さめの動物病院は、大きな病院ほど医療機器が充実していないので、難しい手術には向いていません。しかし、比較的簡単な手術は可能ですし、値段も大手ほど高くありません。

去勢手術などには予約が必要ですが、マイクロチップの埋め込みや予防接種といった簡単な作業には予約がいらず、直接行けば必要な処置を行ってくれます。手術以外のこれらの簡単な処置もやはり小さな病院の方が安いです。

ネコを飼っている友人からも、そういう病院の方が親身になってくれるからオススメだよ。とアドバイスも受けました。人間と同じで、かかりつけの医師を見つけることも大事なようです。
また、グーグルマップの評判も上々だったので、今回からは一番近場の大手動物病院ではなく、ちょっとだけ離れた小さな病院に行くことに決めました。困ったときはGoogle先生のお力をお借りしましょう。

小さな動物病院の短所は、簡単な処置の予約がいらないため時間によっては混み合ってしまいます。待ち時間が長いためワンちゃんネコちゃんたちによっては少し負担になってしまうこともあるでしょう。

考えれば分かる当たり前の事ばかり書いてしまったような気もしますが、少しでも参考になってもらえれば嬉しいです!

 

さて、動物病院編についてはもう少し長くなりそうなので、今回はこの辺りで。
次回はいよいよ、まるみと共に病院へ向かいます!

まるみ、大人しく良い子にしててね〜。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました