ひとりでお留守番をした後、まるみはこんな感じになります。

シェアしてくれると嬉しいにゃ!

さてさて、

まるみが新しい家族となって、早くも1週間ほどが経とうとしています。

はじめは物陰に隠れまくっていましたが、今ではすっかり新居に慣れた様でとてもリラックスして過ごしてくれています。

まだまだ生まれて3ヶ月未満の小さな子ネコ。
寂しがらない様にできるだけひとりぼっちにせずに一緒に居られる時間を確保してはいますが、仕事や用事などの外出でどうしても数時間お留守番をしてもらわなければいけない時間ができてしまいます。

当たり前ではありますが、ブリティッシュショートヘア男子たるもの、これからひとりでお留守番出来るようになって貰らい、立派になっていただくしかありません。



やっぱりお留守番は寂しいのかな?

まるみの今の生活スタイルはこんな感じです。

夜12時ごろ、リビングにてひとりで就寝。

朝7:00〜7:30ごろ飼い主起床。

ひとしきり朝のご挨拶を済ませる。

8時前に朝ごはん。

夜一人だった鬱憤を晴らすかのように遊ぶ。

10時ごろもうひと眠り。

12時前後。お昼ごはん。

充電完了し再び全力で遊ぶ。

14時ごろお昼寝。よく寝る日は16〜17時までぐっすり。

その後は運動、睡眠、遊ぶ、食事を繰り返し…

12時就寝。

基本的にはこのようなリズムで生活しています。
毎日ご多忙だこと。
日中はほとんど寝ているので、出来るだけ買い物に行くときはぐっすり寝ている時を見計らっていますが、まるみを食わせていくために仕事をして稼がなければいけません。

時間の融通はある程度効くとはいえ、どうしても家を空ける時間が長くなる日があります。

そんな日に家に帰ってくると、だいたいこんな感じにになります…

「にぃ〜にぃ〜」(今日はこんなことがあったよ)と言っているのかはわかりませんが、いつもより甘えた声でそばに寄ってきてスリスリ、コロコロします。

(たまらんなぁ。。。)

とちょっとヨダレが出てきそうになるのを必死で抑えつつ、良い子にしててくれてありがとね〜とヨシヨシしてあげます。しばらく「にぃ〜にぃ〜」状態なまるみと過ごしている時間はまさに至福の瞬間。

お利口にして待ってくれていることにも成長を感じます。

夜もひとりで寝ているので、一人で時間を過ごすことにもあまり抵抗がないとは思いますが、やっぱりまだまだお子ちゃま。お留守番は寂しいようです。

まるみ的にお留守番上等!やっと出掛けたか!とこっちが心配している程ではないかもしれませんが。笑

ちなみになぜ鳴き声を「にゃー」ではなく「にぃー」と表現しているのかと言うと、単純にそう聞こえるからです。笑
子ネコだから特にそう聞こえるのかもしれませんが、自分の込み上げる思いを伝えるように振り絞って声を出した結果、「にぃー」になったのかも。

日に日に自分たちに懐いてくれているのを感じると、これが信頼関係を築いて行くことなんだなぁとしみじみ。これまでの日常生活で何か忘れかけていたことをまた思い出させてくれるような気もします。ネコがいない生活はもはや考えられません!

外出する度に、まるみの「にぃーにぃー」を心待ちにしている今日この頃でした。

スポンサーリンク
レクタングル大