お互いの腹を探り合う心理戦!共同生活1日目、子ネコはなかなか姿を現しません…

シェアしてくれると嬉しいにゃ!

さて、長い旅路を終えようやく新しい我が家にたどり着いたまるみですが、大変なのはここから。果たして新たな生活はどうなっていくのでしょうか。



お母ちゃんを探して鳴きまくる。

家に到着してキャリーケースを開けても、まるみはなかなか中から出て来ません。

ようやくケースから出て来たと思っても、ソファの下や棚の裏など世の中の隙間という隙間に隠れて姿を現しません。

ただ、家族や兄弟からも離れ離れにされ、慣れ親しんだ住処から無理やり連れてこられた身にもなってみればそれも仕方がありません。しかも生まれてまだ2ヶ月ちょっとの子ネコ、とっても不安で寂しいですよね。

隙間に隠れては悲しそうな声でにゃ〜と鳴き、いたたまれない気持ちになってきます。また、ちょっと隙間から姿を現してたと思っても、部屋の隅々を徘徊し「おかーちゃんはどこー?」とさらに鳴き続けます。

こちらの様子を伺っている時も「お前たちは誰にゃんだ」と言わんばかりにバリバリに警戒しており、お互いの腹を探り合う心理戦の様相。近づこうとした途端、とにかく逃げまくります!

ただ、立派なネコちゃんを育て上げている先輩たちのこれまでのブログやネコ情報などを読み漁り、新しい環境に慣れるまでは見守るしかないとのお言葉度々目にしたので、何かしてあげたいという気持ちをグッと堪えとにかくそっとしておくことに。

それにしてもどうなることやら。

これまで私たちは子ネコを育てた経験はありません。きっと未だ見ぬ世界が待っていることでしょう。

上手くいくのか!?初めてのトイレ

まるみの引き取りが急転直下で決まったので、恥ずかしながらトイレなどの用意がまだできていませんでした。

隠れて出て来ない隙に、近くのスーパーに急いでネコ砂を買いに行き、家にあるダンボールの箱をちょうど良い大きさに整えて簡易トイレを作って置いておきました。

しかし、ここで最大のポカをやらかしました。クールポコ&ポカリ川状態です。
まるみが元々暮らしていた家ではすでにトイレを使えるようにきちんと躾されていたと聞いていたのですが、そこで使っていたネコ砂を少し分けてもらうのをすっかり忘れてしまっていました!

自分のおしっこの臭いがついた砂を混ぜておけば、新しい場所でもスムーズにトイレを使ってくれると事前に情報を仕入れていたのに…

やってまったぁ〜

ただ忘れてしまったことはどうにもなりません。数日はいろんな場所でうんちやおしっこをしてもしょうがないなと、ここはドンと構えることにしました。

そして、夕食の時間になったので、ご飯の支度をしているとまるみがソワソワとしはじめました。床をクンクンしている時はトイレに行きたいサインだ!という情報をこれまた先輩たちから学んでいたので、警戒されないように遠目で見ているとそこで奇跡が…

簡易トイレの周りを行ったり来たり、中に出たり入ったりを繰り返していたのでまさかと思っていたその時、なんと中に入りおしっこをしたのです。

ぽい形の箱とぽい質感の砂だにゃ。という推理の元、この謎の箱はトイレだと判断したに違いありません。よっ!名推理!

トイレでおしっこをした時、私たちは思わず歓喜のハイタッチと祝福のハグをしたのは言うまでもないでしょう。

ポカリ川も大喜び。

「まるみ、ありがとう!君は天才だ!」と思った瞬間、これが俗に言う「親バカ」なんだな〜と実感しました。

まだまだバリバリ警戒しているまるみですが、トイレを使ってくれてかなり安心。少しですがご飯も食べてくれました。
ちなみにその後うんちをしたので、やはりまるみは天才のようです。

そして気がつけば寝る時間に。

一人で寝かせるのは心配でしたが、どのみち隠れて出て来そうに無かったのでこの日はリビングに残し一人きりで夜を過ごしてもらうことにしました。
ベットに入ってまるみのことを思いながらも、長くて濃ゆい一日に体も心も疲れていたのか、いつの間にか夢の中へと誘われていくのでした…

〜続く〜

スポンサーリンク
レクタングル大